始めに


このサイトを開いた皆様へのご注意
――武者小路公秀――


 このウェッブサイトは、武者小路公秀についての情報が欲しい皆様のウェッブサイトです。
 私、武者小路公秀は、自分についての情報を提供する立場の人間で、自分が実験台になる積もりになっているので、それほど自己顕示欲がある訳ではありません。(つまり少しはあると言う事です。)武者小路研究会(いわゆる『武者研』)の皆様がこのサイトを開いて下さるということで、情報提供をすることにしました。(このサイトを開いて下さった方々に感謝します。)
 ところで、私としてこのサイトを立ち上げる気になった、そのひとつのきっかけになったのは、ウィキペディアに私について大変迷惑な解説が出ていた事実があります。やはり誤解を避けるのに、自分で自分のことをはっきり世間に説明する「責任」があるという気になったからです。ウィキペディアは私が書いたことの半面だけを引用していて、その限りでは私の発言を「正確」に伝えていますが、それでは私の真の姿は全然伝えていないというのが本人の見解です。
 私はひとつの変な信念の持ち主で、物事には必ず二つ(以上)の側面があると思っているのです。私の書く文章では、必ずその両側面について並べて書くため、その一方の側面だけを拾って紹介されると、当然私の片面だけが私だと断定する結果に繋がります。物事には両面(あるいはそれ以上の側面)の対称関係(と非対称関係)を大切にする私の研究と実践における基本的な態度が一向に解ってもらえないので、その様に一面だけで私を紹介されると、本人にとっては大変(欲求)不満が残るのです。
 そんな気持ちで、このサイトを開いた方には、中国文学の伝統にある「対句」、つまり「山が高い」というときには、必ず「海は深い」と言う風に全ての物事について考え、物事を対(ペア)にして両面を浮き彫りにする様な感覚で、このサイトでお読みになった資料には必ずそのウラに反対の事象が意味されている事を理解して頂きたいと思います。私はレッテル張りをする学者としての仕事も、なるべく一面的にならない様に、特にラベルのウラを見る、あるいはウラ・ラベルも貼るので、このサイトを開いた皆様にも、私にレッテルを貼ったら、必ずその背後には反対の側面もある点を理解して頂きたいと思います。
 それと共に運動家としての私は、常識がゆえ、世間に置き忘れられている人々や物事をなるべく浮き彫りにする事で、一方的になり勝ちな「世間」に反対せんとする「つむじ曲がり」な所がある面も正直に認めます。それは、歴史と言うものが必ず今無視されている人々や現実によって前進するとの変な信念があるからだ、との点も申し添えておきます。そんなご注意を頂けば大変幸いです。(と言う事は、そうして頂けなければ大変不満だと言う事です。)よろしくお願いします!(お願いしても始まらないとは思いますが、、、)